衣料品チェーン「ファミリア」の新業態「ファミリア・ホーム」をモスクワにオープン
2021-09-14 10:17

衣料品チェーン「ファミリア」の新業態「ファミリア・ホーム」をモスクワにオープン

Interfaxが小売業者の報告書を参照して報じたところによると、衣料品や靴などのオフプライス商品を扱うチェーン店「ファミリア」が、モスクワにホームグッズを販売する新業態の「ファミリア・ホーム」をオープンしました。

品揃えは、食器、ランプ、装飾品、家具、ホームテキスタイル、壁紙、切り売りのテーブルクロスなど、22,000点以上の商品を取り揃えています。

同チェーンのゼネラル・ディレクターであるスベトラーナ・モズハエバは、専門店「ファミリア・ホーム」のオープンについて、"このカテゴリーの商品に対する需要の伸びに対応したもの "と述べています。

"このステップは、パンデミックの影響でライフスタイルや習慣が大きく変化したオフプライスフォーマットのお客様のニーズを満たすものであり、当社の開発全般の戦略的優先事項に沿ったものです。"とネットワークの責任者は説明しています。

ファミリアは、アメリカやヨーロッパで人気のあるオフプライス商品を販売する百貨店チェーンとして、2000年にロシアで1号店をオープンし、徐々にロシア向けの新しい取引形態を展開してきました。現在、ロシアの111都市に367店舗を展開しており、ベラルーシにも一部店舗を開設しています。2020年末のネットワーク売上高は306億ルーブルに達しています。ブランドの共同オーナーは、アメリカのTJX社のほか、ゴールドマン・サックス、ベアリング・ボストーク・ファンドです。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者カリーナ・カマロバ