ALROSAの技術

ALROSAテクノロジーは、天然ダイヤモンド市場を守るために、ダイヤモンドの真正性を確認するためのハイテク機器を開発・製造しています。

ALROSA Technology(ダイヤモンドSTC)は、株式会社ALROSA(アルローザ)の株式を公開しています。2018年には、天然ダイヤモンド、合成ダイヤモンド、ポリッシュドダイヤモンド、フィアナイト、ムアッサナイトなどの非ダイヤモンドイミテーションを識別できる国内初のハンドヘルド型ダイヤモンド識別装置「ALROSA Diamond Inspector」を導入した。

ALROSA ダイヤモンドインスペクター

img
ALROSAダイヤモンドインスペクターは、3つの分析方法を使用して、1分以内にダイヤモンドの真正性を判定し、分析結果を表示し、印刷に送ることができる、ボタン1つのポータブルデバイス(15x25x10cm)です。この装置は、個々のダイヤモンドとジュエリーのダイヤモンドをチェックすることができます。この装置は、次のように決定することができます:カットされた、カットされていない天然ダイヤモンド(少なくとも1つの平らなファセットがある場合)、研磨されたダイヤモンド、非ダイヤモンドイミテーション(ムアッサナイト、フィアナイト、ロッククリスタル、スピネル、アメジストなどを含む)だけでなく、高温高圧または化学蒸着技術を使用して成長したカットされた合成ダイヤモンド。成功したテストのために、石の重量は0.03から10カラットの間でなければなりません、ダイヤモンド自体は、任意の伝統的なカット形状(Kr-57、侯爵、洋ナシ、楕円形、ハート、王女など)であるかもしれませんし、その色は、DからJの範囲内でなければなりません(アメリカの宝石学会の国際的な評価システムによると).The device自体は、金属ケースで生産され、その重量は3.1キロです。それは、インターネット接続やコンピュータを必要としません、アダプターまたは外部バッテリーを介して電源で実行されます。それは分析結果を表示し、印刷するためにコンピュータに接続することができます。

利益

img

同社の年間売上高は約1550万ルーブル。過去3年間の純利益は24倍に増加し、2017年には751千ルーブル、2018年には980万ルーブル、2019年末には1830万ルーブルに達した。

輸出
現在までのところ、同社の輸出活動は総売上高の52%を占めている。2020-2021年には、同社の経営陣は輸出活動の指標の70%に到達することを計画している。
ALROSA Technologyの年間輸出売上高が達成されました。
6.4百万
ルーブル
今後の予定
ロシア国内外の市場では、ALROSAテクノロジーの宝石鑑別用機器への関心が高いため、今後数ヶ月の間にALROSAダイヤモンドインスペクターに加え、機能性を強化した新しい機器の発売を計画しています。メインの装置は、顧客にいくつかの装置を提供する予定で、それぞれがユニークな特徴を持ち、製品ライン全体の作業を補完します。
会社の概要
会社の年間売上高は約1550万ルーブル、輸出活動は総売上高の52%を占めています。昨年は15回以上の国際展示会に参加し、1000人以上の業界の代表者と連絡を取り合っています。
連絡先情報

ALROSAの技術
ロシア, モスクワ, 24, Ozerkovskaya naberezhnaya
+7 499 955-44-29
info+18@alrosa-inspector.com