MADE IN RUSSIA

すべての地域
日本語
企業ニュース

アルコールバイオは、分子研究用の新製品を2つリリースしました。

55

会社 - ナショナルチャンピオンAlkor Bioは、ブランド名 "Intifika"の下に分子研究のための2つの新製品をリリースしました:臨床材料の貯蔵と輸送のための試薬 "粘液と輸送培地"(TC-ML)と "ヌクレアーゼなしの水"のセット:同社は、プレスサービスを提供しています。同社のプレスサービスが伝えている。

試薬TS-MLは、増幅産物のリアルタイム検出が可能なポリメラーゼ連鎖反応を含む分子生物学的手法による更なる調査のための臨床材料(口腔咽頭や尿路の唾液や掻き取り材料)の保存・輸送用に設計されている。ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)-分子生物学の実験方法であり、生物学的材料中の特定のDNA断片の小濃度を有意に増加させる方法である。PCRは、人工的な条件下(インビトロ)で酵素を用いて特定のDNA断片を複数倍にすることに基づいている。

TS-ML輸送媒体は、滅菌された水-塩緩衝液であり、すぐに使用することができます。TS-MLは、粘液と防腐剤から構成されています。広い温度範囲での長い時間のためのDNAとRNAの安定性は、非特異的な微生物叢の成長と早期溶解を防ぐ防腐剤によって提供されます。粘膜液状化により試料の均質化が促進され、分子遺伝学的研究の再現性が向上します。DNA抽出には、Alkor Bio社製のDNA抽出キットを用いることができる。

ヌクレアーゼを含まない脱イオン水は、ジエチルピロカーボネート(DEPC)処理、オートクレーブ処理、濾過(0.2μm)を行っている。精製されたヌクレアーゼを含まない水はすぐに使用でき、混合やオートクレーブ滅菌などの追加調製は必要ありません。PCR用のマスターミックスを作成する際に、ヌクレアーゼフリーの水を使用することができます。

8月にGC Alkor Bioは新しい近代的なビバリウムをオープンしました。同社は、その再建と設備に6,750万ルーブル以上を投資しました。ビバリウムは、モノクローナル抗体やポリクローナル抗体を製造するためのハイブリッドラボのニーズを満たすために必要なものであり、検査システムの重要な構成要素となる。

アルコール・バイオグループは、1992年に設立された免疫酵素分析・ポリメラーゼ連鎖反応法のテストシステムの開発・製造会社です。免疫酵素免疫測定法(ELISA)は、特異的な抗原抗体反応に基づいて各種の低分子化合物、高分子、ウイルスなどを定性または定量的に測定するための実験用免疫学的手法です。

2007年よりSC「アルコールバイオ」では、「分子・遺伝子診断」の方向性を積極的に展開しています。特に、嚢胞性線維症の診断のためのマイクロチップ、生体試料の収集・保存用のDNAカードなどの検査システムを「Intifika」というブランド名で生産しています。Intifikaブランドはまた、核酸の抽出と精製のための関連製品、PCR用酵素も製造しています。単純オリゴヌクレオチドや修飾オリゴヌクレオチドを製造・販売しています。アルコール・バイオグループは、経済開発省の重点プロジェクト「ナショナル・チャンピオン」に参加しています。

0