アジアン・ル・マン・シリーズでロシアのG-Drive Racingがチャンピオンを獲得
2020-02-27 02:23

アジアン・ル・マン・シリーズでロシアのG-Drive Racingがチャンピオンを獲得

先週末に行われたアジアン・ル・マン・シリーズのタイトルを獲得したのは、ロシアのG-Drive Racingチーム「Aurus 01 prototype」でした。

ローマン・ルシノフ率いる2クルーの勝利と4つの可能性のうち4つの賞を獲得したことで、オーラスは世界のモータースポーツシーンにデビューしてから1年足らずで初のタイトルを手にしました。

このパワフルな車は、4.2リッターの大気圏V8エンジンを搭載し、600馬力を発生し、900kgの質量を持ち、時速340kmまで加速することができます。

G-Drive Racingチームにとっては、これで国際レースシリーズ5勝目となりました。

// ロシア製