ロシア企業が極東企業を自動化
2020-06-11 01:46

ロシア企業が極東企業を自動化

ロシア企業 - ASEZ(高度経済特区)ハバロフスクの居住者は、地元企業のデジタル変換中に労働者の訓練を支援する教育プロジェクトを起動する。会社Aipitonは、地域の有名な大手ソフトウェア開発者と企業の複雑な自動化のためのサービスのプロバイダです。

同社のディレクター、ウラジミール・コンタレフ氏によると、同社はビジネスアプリケーションとワークフローの効率化に焦点を当て、すでにデジタルトランスフォーメーションを実現している企業や、これからデジタルトランスフォーメーションを始めようとしている企業の生産性向上を実現している。開発者はすでに、輸送管理・ルーティングシステム(TMS)や倉庫管理システム(WMS)など、多くの自動化システムを導入している。

ウラジミール・コンタレフ氏によると、Aipitonチームが最後に実装した大規模プロジェクトは、同地域の最大手企業の1つで倉庫、輸送、モバイルソリューションを自動化するためのERPシステムだった。商業部門のデジタルトランスフォーメーションには12ヶ月を要した。また、会社の代表者は、従業員のデジタルスキルの開発のためのグローバルプロジェクトApicWorldの立ち上げの準備について話した。

Aipitonは極東開発公社との契約に基づいて設立された。ASEZ(先進国経済特区)ハバロフスクの税制上の優遇措置のため、同社はスタッフの拡大と新製品の開発に追加の資金を投資している。IT企業にとっては、人件費が主な経費であることから、他の産業と比較してもASEZ(先進経済特区)の恩恵は大きな支援と節約になります。

現在までに、ハバロフスク ASEZ(先進経済特区)の36人の住民が204億ルピーのプロジェクトを立ち上げており、そのうち95億ルピー以上が民間投資である。すでに800人の雇用が創出されており、近い将来、さらに1,500人の雇用が見込まれています。

ロシアで製造された // ロシアで製造された

著者アントン・ペトロフ