セゲシャグループがヴォログダで生産開始
2020-07-25 06:15

セゲシャグループがヴォログダで生産開始

セゲシャグループは、ヴォログダ近郊のソコルスキー木工工場に、オーストリア・スロベニアのレディネク・エンジニアリング社製のスプライシングラインを新設した。

このラインでは、毎時25立方メートルの接着製品が生産される。稼動後の生産性は20%向上し、年間10万立方メートルに達する予定です。

今後は、化粧単板材と化粧梁を使った住宅の生産が増加すると予想されています。また、工場で生産される製品の品揃えも大幅に増加します。新製品のポールと集成梁は特に日本で需要があり、強度の高い集成梁は北欧諸国に輸出されることを期待している。

新ラインは9月までにフル稼働する予定です。

読者の皆様には、瀬越社グループがクロスラミネートパネルを生産する工場の建設を継続していることをご紹介したいと思います。最初のパネルは今年の冬に生産される予定である。このプロジェクトへの投資額は約30億ルーブルである。

ロシア製 // ロシア製

著者クセニア・グストワ