サンクトペテルブルクはロシアの水上観光の首都になるだろう
2020-07-26 09:40

サンクトペテルブルクはロシアの水上観光の首都になるだろう

クルーズ、レクリエーション、ヨットの観光センターがサンクトペテルブルクに登場する可能性がある。

サンクトペテルブルク観光委員会のセルゲイ・コルネフ委員長は、観光に関する国家プロジェクトの提案の枠内で、すでにサンクトペテルブルクを首都とし、国の水上観光の中心地と宣言していると語った。同氏は、クルーズ、レジャー、ヨットなどの観光に関係していることを明らかにした。

例えば、モスクワからゴールデン・リングを経由して北都へ向かうルートを、ヨット観光の一環として開発することを計画している。

しかし、コルネフ氏は、国際的なヨット観光の発展のためには、国境の手続きや水先案内など、多くの制約があると指摘している。今日では、これらの制限を取り除くために、専門の部署がこの方向で活動している。

サンクトペテルブルクセーリングユニオンのセルゲイ・アレクセーエフ会長は、昨年、外国のヨットが約70回訪れたが、近隣の都市では約5000回であったことに気づいた。彼は、複雑な航海体制と国境を越えるポイントやインフラストラクチャの欠如によって、この違いを説明した。

以前、イタリアではイタリア人の約3分の2がこの夏、アメリカからイタリアへの旅行者の帰国に反対していることが知られるようになった。それは調査会社YouGovの調査から次のようになります。

そのような意見は、回答者の61%以上によって保持されていることが指定されています。

また、回答者の半数以上(57%)が中国人観光客によるイタリア訪問を望んでいないとしている。さらに44%がイギリス人観光客に反対していた。

同様の状況は、メディアの報道によると、フランス、スペイン、ドイツなど他のヨーロッパ諸国でも観察されている。社会学者がこれらの国の1000人ずつを対象に調査した。

メイド・イン・ロシア/メイド・イン・ロシア

著者クセニア・グストワ