経済開発省が環境プロジェクトのための資金調達を行う
2020-07-28 11:55

経済開発省が環境プロジェクトのための資金調達を行う

経済開発省に新たな機能が与えられることになった。経済開発省は、グリーン開発を含む持続可能なプロジェクトのための投資活動の開発と予算外資金の誘致を調整することが提案されている。

このため、同省は、グリーン開発の目的や分野を承認し、そのようなプロジェクトの基準やプロジェクト検証システムの要件を開発する。さらに、インセンティブ措置実施のための「ロードマップ」を政府に提出する。このような命令の草案が政府に提出されている。

同省は、当局、中央銀行、開発機関、企業、専門家コミュニティの代表者を含む特別な省庁間作業部会を設置し、調整する。

グリーン」開発を含む持続可能な開発システムの要素は、グループによって承認され、さらに政府に送られることになる。

世界的に「グリーン開発」の概念は、環境・環境管理、インフラ・交通、建設・産業、エネルギー・省エネ、低炭素開発、気候変動への適応などの分野で構成されているため、このような調整は非常に重要である。

現在、国内ではこれらの分野は関係機関によって規制されているため、経済開発省のほか、自然省、運輸省、建設省などが新たなグループに加わることになる。

同省のイリヤ・トロソフ副省長が述べたように、現在、世界では持続可能な開発、すなわち環境、社会、行政などの要素を考慮に入れたアプローチが「ブーム」となっている。ESG債市場の総量は、今年末までに1兆円に近づくと予想されている。

同氏は、ロシアでは同機関が定期的にこのようなプロジェクトを支援しているが、現在は自国のアプローチが不足しているため、これらのプロジェクトは国際基準に基づいたものになっていると強調した。

以前、日本が海水に溶けるビニール袋を開発したと報じられた。サトウキビの成分を含んだ材料で作られている。手触りは一般的なビニール袋と変わりません。

ロシア製 // ロシア製

著者クセニア・グストワ