バイエルからロシア企業への遺伝物質の移転をめぐる状況について、FASはコメントしています。
2020-07-28 06:58

バイエルからロシア企業への遺伝物質の移転をめぐる状況について、FASはコメントしています。

ロシア連邦の連邦独占禁止局(FAS)は、外資系企業バイエルからロシア企業への遺伝物質の移転をめぐる状況についてコメントした。

先に「メイド・イン・ロシア」プロジェクトは、現在のところ適切な規制の枠組みがないため、技術移転の面でバイエルがロシアの農業者に農業植物の胚芽を移転することはまだできていないと報じた。

同プロジェクトはFASのプレスサービスによると、ロシアの慣行にはこれまでそのような前例がなかったため、そのような規則や規制を整備する必要はないとしている。

"関連する規制が開発され、有効になり次第、プロセスが開始される"とプレスサービスは説明した。

メイド・イン・ロシア・プロジェクトが明らかにしたように、例えば、ロシアの育種・種子会社SOKOは、国内企業が15年間、売上の3%をバイエルに支払わなければならないという条項が含まれていたため、バイエルとのライセンス契約の締結を拒否していた。

SOKOの育種部門の研究員アルバート・シュチェゴルコフ氏は、ロシア企業に技術を移転するというアイデアは有望だと言う。

"譲渡"というアイデア自体は良いものでしたが、結果的には2つの分野での交流を提案されました。フランスでの1週間の研修と、いくつかの作物の遺伝子形質の移転である。パンデミックのため、フランスでのセミナーは中止となり、胚芽を移す際にはライセンス契約を結ぶ必要があった」とMade in Russiaに語った。

同社の担当者は、この契約書には、ライセンスを受けた品種の割合に関わらず、15年間のライセンス品種の純売上高の3%に相当するロイヤリティの支払いに関する条項が含まれていたと付け加えた。そのため、SOCOはこの交換への参加を拒否した。

シュチェゴルコフ氏によると、このような条件を理由に、ロシア企業7社のうち5社が交換への参加に同意しなかったという。

"国内の遺伝子基金を充実させるために主要作物の種子を譲渡することは悪い考えではないが、我々はすでに外国のものも含めて他の企業と種子を交換している。しかし、その分のロイヤリティを支払う必要はない。我々は科学的な目的のためにどのような品種でも使用する権利を持っており、それが別段提供されない限り、何も支払う必要はない」と述べ、「別段」というのはライセンス契約を結ぶことを意味すると説明した。

シュチェゴルコフ氏によると、バイエルの技術移転には、これまでロシアの条件では栽培されていなかったアメリカ産大豆の系統を10本入手することが含まれているという。しかし、ロシアの数カ所では、バイエル独自の大豆系統が年間2万3000株以上植えられています。その中でも特に優れたものが後に品種となる。

国内企業の代表者は、移転された技術のもう一つの要素、分子マーカーを指摘した。当初は、ロシアと同じような気候条件のデータベースを移転して、後にバイエル社が独自に研究できるようにする予定だったと説明しています。

"しかし、バイエル社はこれを全面的に拒否しました。そこで、病気などの特定の形質のマーカーを移すことにしました。しかし、米国の病気とロシアの病気は、大豆の病気とは大きく異なるため、彼らのマーカーを使用することはできません。

連邦反トラスト局のプレスオフィスは、Made in Russiaプロジェクトに、これまでのところ、ロシア企業2社とライセンス契約が締結されていると伝えた。連邦反トラスト局によると、遺伝子形質の受領者として選ばれた他の企業は、バイエル社と交渉中であるという。

"知的財産権を譲渡する際のロイヤリティの支払いは、世界的に認められた慣行であり、ロシア企業の利益を侵害するものではない"としている。また、ロシアのFASの指示は、トランザクションの検討の結果として発行された、ロイヤリティの支払いで10年間25%を提供しています" - オフィスで説明しました。

独占禁止サービスもロイヤリティは、品種またはハイブリッドの商業化の開始後にのみ支払われることに注意してください、譲渡された生殖腺を使用して開発されます。

"胚芽の提供においてこのような優遇条件を得ることは、ロシアのFASの命令によってのみ可能であった」と報道機関は締めくくっている。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者クセニア・グストワ