ロシアが世界初のCOVID-19ワクチンを開発・登録
2020-08-11 01:14

ロシアが世界初のCOVID-19ワクチンを開発・登録

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、コロナウイルスに対するワクチンを世界で初めて登録したと発表した。彼によると、ワクチンは8月11日(火)の午前中に登録されたという。

"私の知る限り、新型コロナウイルスに対するワクチンは今朝、世界で初めて登録された"とロシアの指導者は政府との会合中に述べた。

彼は、ワクチンはかなり効果的で、安定した免疫を形成していると指摘した。プーチン氏は、ワクチンが必要とされるすべてのテストに合格していることを強調した。大統領は、娘の一人がテストの参加者となり、すでにワクチンを受けていたことを告白した。国家元首は、1回目のワクチン接種後、娘の体温は38度まで上昇し、翌日にはすでに小さな体温で37度まで寝ていたことを明かした。

2回目のワクチンの後、体温もわずかに上昇したが、その後は完全に正常に戻り、今では元気になっているという。プーチンはまた、試験に参加した多くの人々がワクチンの後に外部症状や熱を持っていなかったことに気づいた。国の指導者は、近い将来、このワクチンの量産が開始されるので、自主的にそれを採用したい人も同様に希望を表明した。

ムラシュコ保健大臣は、GamaleiセンターとBinnopharm社がワクチンを生産しようとしていると述べた。

世界保健機関(WHO)の事務局長であるDr Tedros Adhanom Ghebreyesus氏は、世界で約2000万人が感染し、死亡者数が75万人に近づいているという事実にもかかわらず、コロナウイルスのパンデミックとの戦いに希望の光があると述べた。

彼によると、それは発生を逆転させるために本物であり、それはGhebreyesusによって強調されたように、国、地域、都市や村の場所に依存しません。

あなたは上のロシアのワクチンを購入するために注文を送信することができます pr@madeinrussia.ru

ロシアで製造された // ロシア製

著者クセニア・グストワ