2020-10-20 04:32

"アグロシラは、ヨーロッパ最大の鶏肉生産者の格付けに含まれています。

アメリカの出版物「WATTPoultry International」は、ヨーロッパで最大のブロイラー肉生産者をランキングしました。ロシアの農業持株会社Agrosilaがトップ50にランクインしました。

同持株会社のプレスサービスがMade in Russia Projectに伝えたところによると、Agrosila社は現在、生きたままの重量で12万トン以上の食肉を製造し、9万6千トン以上の完成品を販売しているという。

同社は国内10大養鶏場の一つで、ふ化卵の飼育から完成品の生産までの全生産サイクルを持っている。

Agrosila社のスベトラーナ・バルスコバ社長は、現在、同社の養鶏場には11の生産拠点があると語った。彼女は、ここでは革新的な生産方法が採用されていると指摘した。彼女によると、すべてのプロセスは自動化されており、人的要因の影響は最小限に抑えられているとのことです。

"パッド冷却装置の導入、製品のパッケージングの改善、省資源技術の一環としての低ポテンシャル熱利用システム、生産システム「アグロ」のプロジェクトの実施などを行っており、その経済効果は年間6,000万~9,000万ルーブルに達しています

昨年、チェルニーブロイラー社の鶏肉工場では、いくつかのサイトの技術的な再装備が行われました。Agrosila社はこの目的のために1億ルーブル以上を費やした。再設備化により、生肉の生産量が1,000トン増加しました。このようなソリューションの経済効果は、すでに年間平均1,000万~1,500万ルーブルと見積もられています。

ロシア製 // ロシア製

著者クセニア・グストワ