ソブコムフロットがインドネシアでガスキャリア2隻の運航資金を調達
2020-11-23 04:15

ソブコムフロットがインドネシアでガスキャリア2隻の運航資金を調達

ロシアの輸送会社ソフコムフロット社は、日本郵船、サムデラシッピングラインと共に、国際的な銀行であるMUFG銀行、日本政策投資銀行の2行と融資契約を締結したと国内機関の報道機関が報じた。

融資を受けた資金は、両社が共同で運営しているタングー・トヴティとタングー・バトゥールのガス運搬船のリファイナンスに充てられる予定です。これらのガスキャリアは、インドネシアのタングーLNGプロジェクト内で液化天然ガスを輸送するために使用されている。

取引総額は1億5500万ドル。このお金は8年間発行されています。

以前、Sovkomflotの純利益が2倍になったとメディアで報道されていた。また、今年最初の9ヶ月間の決算によると、同社の収益は昨年に比べて11%近く増加し、13億ドルとなった。

ロシア製

著者クセニア・グストワ