Halewood、ジンの生産をイギリスからロシアに移す
2020-11-23 03:24

Halewood、ジンの生産をイギリスからロシアに移す

英国最大の独立系アルコール生産・販売会社であるHalewood Artisanal Spiritsは、J.J.Whitleyジンの生産をリバプールからレニングラード地方に移し、ロシアのKingiseppにある同社の工場に移転しました。このアルコールの約3分の1はジンから来ることになる。

現在、同社はレッド・スクエアとJ.J.ウィットリー・ウォッカを注いでいる、と同社のジェネラル・ディレクター、エレナ・クルスタレヴァ氏は述べた。

将来的には、J.J.Whitleyはロシアで販売され、ヨーロッパ諸国に輸出される予定です。この工場は昨年、実業家のVadim Mamchur氏から購入した。同時に、Halewood はロシア初の Whitley Neill Bar & Kitchen ガストロバーをオープンし、後にブランドショップ The Drop Store をオープンしました。クセニア・グストワ