ロシアで農業分野の電子輸出の概念を開発する予定
2020-11-24 06:45

ロシアで農業分野の電子輸出の概念を開発する予定

ロシアでは、電子販売チャネルを通じた農産複合体(AIC)製品の輸出というコンセプトが登場する。

この目的のために、連邦政府のアグロ輸出センターは3200万ルーブル以上を割り当てている。

このプロジェクトを実施する入札の落札者は、プライスウォーターハウスクーパース社である。コンセプトは12月末までに開発される。

また、アグロエクスポート社は、ウズベキスタンへのロシア農産物輸出の先進的な開発コンセプト作成のための入札を発表した。

当初、この作業には2,010万ルーブル以下の予算が割り当てられていた。入札を勝ち取ったコンサルティング会社NEOセンターが1840万ルーブルでこの業務を行う。

ロシア製

著者クセニア・グストワ