ロシアはフランスにスイッチを輸出している
2020-11-25 09:45

ロシアはフランスにスイッチを輸出している

サンクトペテルブルクのロザトムNIIEFAは、国際熱核融合実験炉(ITER)の電磁システムの超伝導体巻線の電源システム用のスイッチング装置のバッチをフランスに自社製造で送った。

これはフランスのカダラッシュ研究センターで製造されている。

この装置は、緊急時にAC/DCコンバータを保護し、主サイリスタバイパス装置が故障した場合にコンバータの端子をバイパスする。

最初のバッチは、ラックマウント型のスイッチング装置10台と制御装置10台で構成されています。これらはAC/DCコンバータのビルギャラリーに設置されます。

ロシア製

著者クセニア・グストワ