ロシアが韓国企業に無人化技術の共同開発を提案
2020-11-25 11:25

ロシアが韓国企業に無人化技術の共同開発を提案

United Shipbuilding Corporation(USC)のAlexey Rakhmanovゼネラル・ディレクターは、韓国の同僚を招待し、クルーフリー航行の開発に関する活動に参加した。

同氏によると、IT市場のロシア部門は昨年7%増の250億ドルに達した。これは同年のロシアと韓国の貿易総額に匹敵する。

しかし、国内企業は、韓国の同僚の間で需要がありそうなソフトウェア製品を持っている、とRakhmanov氏は述べた。

特に、ロシアにおけるクルーレスナビゲーション技術の開発状況に注目した。

彼は、ロシアが最初に海と川の水域の特別地域を割り当てられた国の一つであることを思い出しました。そのおかげで、乗組員のいない船舶のテストが可能になった」と述べた。OSKのトップは、韓国企業がこの作業に参加するように招待した。

韓国のパク・ギヨン通商産業エネルギー副大臣は、パンデミック後のデジタル化、情報通信技術、新素材などの分野で協力する必要性を指摘した。

メイド・イン・ロシア

著者クセニア・グストワ