ロシアで新しい掘削装置の製造を開始
2020-11-26 11:25

ロシアで新しい掘削装置の製造を開始

イジェフスクの石油エンジニアリングプラントであるRimeraは、ARMATICソフトウェア制御の自動掘削キーを発表した。

この装置により、ドリルパイプとケーシングパイプを短時間で高精度にねじ込み・脱着することが可能になる。同時に、このソフトウェア制御は、国内の他の対応するものと比較して、ねじ込み管と非連結管の接合部の直径の範囲が最大(73~245mm)となっている。

キーには、ねじ込みパラメータの測定、記録、可視化のための装置が付属しています。高精度な締め付けにより、レンチと穴あけ工具の寿命を延ばすことができます。ソフトウェアのおかげで、トルク値は保存され、有線および無線通信を介して送信されます。

このような装置は、掘削現場の構造を変更することなく、ドリルレンチタイプのAKBの通常のシートに取り付けることができます。キーは格納式のマニピュレーターで広範囲に移動でき、高感度のタッチパネルを備えた携帯型の操作パネルにより、個々の手を保護した状態で操作することができる。

先月、カーンティマンシ自治区のコンディンスコエ油田で行われたキーテストは無事終了した。

ロシア製

著者クセニア・グストワ