ウルサがWeChatでロシア初の鶏肉ブランドに
2020-11-26 02:55

ウルサがWeChatでロシア初の鶏肉ブランドに

中国のソーシャルネットワーク「WeChat」では、「Urussa」というブランド名のもと、リソースグループの製品が初めて紹介された。

リソースグループは昨年、国内の鶏肉を中国に輸出した最初の企業の一つである。

資源グループのマーケティング部長イリーナ・クリモバ氏によると、同社は中国を販売市場とし、販売量と利益率の面で興味を持っている。彼女によると、資源グループは中国の特殊性を考慮し、最終消費者との適切なコミュニケーションチャネルを選択して、製品を適応させたという。

さらに、同社は輸出商品の包装を交換した。例えば、ロシア人向けの通常のカッティングトレイは、スリーシームとシングルシームの袋に置き換えられました。さらに、ロシア連邦に関連した伝統的な模様がフィルムに加えられ、「太陽」と「ロシア」という音訳された名前が漢字で適用された。

ウルッサブランドのプロモーション戦略の形成には、中国のいくつかの特徴が影響を与えた。その中には、国の大きさ、多くの外国のインターネットリソースへのアクセスが限られていること、中国と世界の他の国との間に大きな違いがあることが含まれています。

このことが、中国で最も普及しているコミュニケーションシステムであるWeChatをデジタルプロモーションの主要な方向性に選んだ理由だとクリモワ氏は述べています。

WeChatにおけるウルサのブランドアカウントが登場したのは、2020年秋のこと。ページのコンテンツ選定は、中国の消費者の興味や嗜好を考慮している。ロシアや国民食に関する興味深い情報も掲載している。

WeChatアカウントの主な目的は、ブランドの認知度を高め、地域の流通ネットワークの構築に参加することです。

メイド・イン・ロシア

著者クセニア・グストワ