竪型風洞は80歳になる
2020-12-30 04:10

竪型風洞は80歳になる

中央空力研究所T-105の垂直風洞(ADT)は来年80周年を迎える。

この閉鎖型の垂直風洞は、1つの戻り水路と直径4.5メートルの開放型作業部を備えています。チューブ内の流れは、リターンチャンネルに配置された軸流ファンによって生成されます。このファンは450kWの電動機で駆動されます。このモーターは1940年に設計・製造されました。当初は潜水艦に搭載される予定でした。

この垂直設置は、航空機のフリースピンやヘリコプターモデルの空力特性を調べるために作られた。

ADT部門の責任者であるPavel Shumeyko氏の説明によると、飛行機のスピンとは、3軸すべてが同時に回転し、小さな半径の急峻な螺旋に沿って制御されていない下向きの動きのことであり、大きな攻撃角への出口で発生します。フリーフローティングの航空機モデルは、コルクスクリューの特性と回復方法を決定するために、そのようなチューブの中でテストされています。

ロシア製 // ロシア製

著者クセニア・グストワ