ロスモーポートの砕氷船2隻がバニーノ港で操業開始
2020-12-31 05:10

ロスモーポートの砕氷船2隻がバニーノ港で操業開始

Rosmorport社の砕氷船2隻が、この冬、ハバロフスクのバニノ港で砕氷作業を行う予定です。

計画によると、1月中旬までにバニノ港に入港する予定です。まず、砕氷船「モスクワ」と「ノヴォロシィスク」に護衛されます。その後、「モスクワ号」の後に「カピタン・クレブニコフ号」が続きます。また、強化氷級のタグ「トルドジェニック」も入港します。

現在、ロスモーポートは世界最大の砕氷船グループを有しています。同社の艦隊は、36隻の砕氷船と様々な容量の砕氷タグで構成されています。船は、国内の15の凍てつく海港で水先案内をしています。

それはVaninoの港が5つの新しいフロントエンドローダーで補充されたことが以前に知られるようになった。機器は、強化された操縦性と燃料効率を備えています。したがって、6立方メートルのバケットのために、ドックローダーは、一度に約7トンの貨物を持ち上げることができます。

ロシア製 // ロシア製

著者クセニア・グストワ