ペトロザボーツクマッシュ、トルコのアクユ原子力発電所向けに管状ブランクスの被覆管を完成
2021-01-02 04:25

ペトロザボーツクマッシュ、トルコのアクユ原子力発電所向けに管状ブランクスの被覆管を完成

ペトロザボーツクマッシュ機械工場は、トルコのアククユ原子力発電所2号機の主循環管路(MCP)の管状ブランクのクラッド加工を完了しました。

同工場は、国内で初めて原子力発電所用シームレスクラッド管の生産技術を習得した企業です。鍛造品は、電気スラグ浮上法により、ブランクの内面に防錆層を形成している。

今回、発電所の主要循環管路を構成する全鍛造品を対象に作業を完了した。このクラッドブランクの長さは、合計で145メートルを超えました。

Petrozavodskmash社は、トルコの原子力発電所の4つの発電ユニットの設備を製造しており、第2発電ユニットでは、主循環ポンプと圧力補償器のシェルを製造しています。

この工場は、エンジニアリング会社AEM-technologiesのペトロザボーツク支店であり、国営企業Rosatomの機械製造部門に属しています。

ロシア製 // ロシア製

著者クセニア・グストワ