2020年にはロザトムの東証の居住者数が2倍以上に増加
2021-01-03 11:25

2020年にはロザトムの東証の居住者数が2倍以上に増加

閉鎖された」原子力都市の先進開発地域(ADZ)の住民となった企業の数は、2020年には20社から43社に増加した。新規居住者の投資額は40億ルーブルを超え、1000人以上の雇用が創出される。

Atom-TORのニコライ・ペギン所長は、このような投資家の増加は、新しいビジネスを誘致するための体系的なアプローチを組織化したことに起因するとしている。このアプローチは、まず第一に、閉域事業体(CATO)における有利な投資環境の構築を可能にします。

同氏は、同社が直面している主な課題は、新規プロジェクトを最大数だけASEZに引き込むだけでなく、チャンスの要素を排除し、明確なスキームを構築することであると指摘した。

誘致された投資では、ADZ「ノヴラルスク」と「セヴェルスク」がリーダーとなった。

テフラ社はAtom-TOR社と、ASEZ「セブルスク」での石炭火力発電所からの灰の処理で操業する契約を結んだ。また、別の企業であるEcoalliance社は、自動車用排ガス触媒の生産ラインを近代化する。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者クセニア・グストワ