ヤクティア、日本へのイバナ茶の輸出開始を計画
2021-01-07 01:56

ヤクティア、日本へのイバナ茶の輸出開始を計画

ヤクチアには新たな輸出品目があるかもしれない。最初の顧客は日本の企業かもしれない。

これまでロシアは、B2Bシステムの下で、そのようなお茶を他の国に販売したことがない。

すでに今、日本の企業であるJapan GreenTeaは、北部で生産されたお茶に関心を示しています。したがって、2019年の夏には、同社の社長は、極端な気候で飲料の生産のすべての段階を個人的に見るためにヤクーツクに来ました。訪問の結果、協力に関する予備的な合意書が調印されました。

しかし、その文書には臨床試験を実施するという条件が含まれている。つまり、イワン茶を日本に輸出するためには、日本の植物検疫基準と食品基準を満たさなければならないということです。

このような研究をロシアで行っているのは、モスクワにあるロシア医学アカデミーの栄養研究所だけです。同地域の農業副大臣であるヴァシリー・アファナシエフ氏は、この作業にかかる費用は800万ルーブルだという。

資金源を決める前に、そのような費用が報われるかどうかを理解する必要がある。"多くのことは、日本がどれだけのイワン茶を購入する準備ができているかにかかっているだろう。少なければ、そのような多額のコストをかける価値があるかどうかが問題になる。しかし、年間100トン程度の生産量であれば、ヤクティアの新たな輸出産業としての野草の採集、収穫、加工の話ができる」と、アルグメンティ・イ・フクティ紙はアファナシエフ氏の発言を引用している。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者クセニア・グストワ