オレンブルク地域の中小企業数は前年比25%増
2021-01-07 04:30

オレンブルク地域の中小企業数は前年比25%増

オレンブルク起業支援・輸出開発センターは昨年、地域の中小企業の代表者700人にサービスを提供した。これは2019年よりも25%多いと、同地域の経済開発相デニス・ゴンチャロフ氏は述べた。

合計で、これらの企業は輸出活動に対する国家支援の分野で約1.4千件のサービスを受けたと、同部長は述べた。

輸出セミナーやウェビナーは起業家に最も人気があり、1,000社以上の中小企業が参加した。輸出活動の法的側面に関する相談は100回以上行われたとTASSは書いています。

企業家が商品の販売促進の手段として利用していた会議や展示会が中止になったため、センターはこの活動を転換しなければなりませんでした。

昨年、センターの支援により、16の地域企業が国際的な電子取引プラットフォームに参入した。その中には、天然ウールと綿製品のメーカーであるHolty-Retail社が含まれており、現在ではAmazonに登録されている。最初の月に、オレンブルグの会社の製品は、他の国から100人の人々に注文された。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者クセニア・グストワ