モスクワの食肉製品の輸出は約半分に増加
2021-01-11 05:07

モスクワの食肉製品の輸出は約半分に増加

昨年の2020年は、モスクワ企業の食肉生産者の海外納品が2019年に比べて大幅に増加しました。1~9月の実績によると、海外バイヤーへの食肉供給量は金額ベースで6,623万米ドルに達しました。この数字は、前年の2019年の同じ報告期間の結果と比べて、46.77%も上回っています。

世界危機の中での輸出の伸び

モスクワの経済政策担当副市長であるVladimir Efimov氏は、食肉製品の海外配送業界の状況について、より詳細なコメントを述べています。同氏は、世界の食肉製品市場は、最も安定し、予測可能で、持続的に発展する市場の一つと考えられていると強調した。それを裏付けるように、食品加工産業のこの分野では、ロシア、特にモスクワの輸出が条件となっている。パンデミックによる深刻な世界的危機に直面しても、モスクワのメーカーの海外からの購入量は減らないどころか、大幅に増加したとエフィモフは言う。

また、副市長は、首都圏の食肉輸出のほぼ半分が肉や家禽の内臓であることを指摘。モスクワの企業は、2020年の第3四半期にこのような製品を出荷しており、その総額は326万ドルで、2019年1月から9月までの期間と比較して112%増加しています。家禽肉および副産物の最大の買い手は、中国、カザフスタン、キルギスでした。これらの国に対して、モスクワの食肉生産者はそれぞれ1,806万ドル、897万ドル、219万ドルの製品を供給しました。

新しいトレンドと有望な市場

モスクワの産業政策部門の責任者であるアレクサンダー・プロホロフ氏は、質問の中で詳細を語っています。彼は、2020年にモスクワ産の肉製品が23カ国に届けられたことを伝えた。あらゆる種類の製品の調達でリーダーとなったのは、同じ中国とカザフスタン、そしてベラルーシ、イラン、香港でした。

首都圏の食肉製品メーカーは、新たな市場を開拓している。例えば、昨年はグルジア、モルダヴィア、トルクメニスタン、ウズベキスタンへのモスクワ製品の供給が確立または拡大されました。最も需要が高いのは冷凍・生鮮チルド牛肉であると、アレクサンダー・プロホロフ氏は結論づけた。

また、モスクワの輸出支援センター「モスプロム」の専門家も、モスクワ企業の肉製品の販売可能性について、いくつかの重要な分野に注目し、見解を述べています。このように、分析結果によると、Kyrgyzstan、Kazakhstan、Azerbaijanでは、鶏肉の需要が高い。一方で、ベラルーシ、ポーランド、中国では、豚肉や牛肉が好まれています。モスクワの生産者の食肉加工品は、主にドイツ、日本、イギリスが購入しています。

Mosprom」センターの事務局長であるナタリア・シュヴァロヴァ氏は、アジア太平洋市場、特にベトナムと中国が、モスクワの食肉製品輸出の将来的な成長の原動力になると考えるべきだと付け加えた。この2つの国は、最近、肉の購入量が圧倒的に増えています。Mospromの専門家によると、これらの国々の影響で、現在の傾向が2025年まで続くと、世界の肉の需要は130億ドル増加する可能性があるという。つまり、世界の肉製品の消費量は、毎年4.4%ずつ増えていくのです。

モスクワ近郊の企業からの肉の供給が増える

モスクワ地域の企業は、資本そのものに加えて、海外市場に肉製品を供給しています。そしてここでも、2020年の結果をもとに、ポジティブなトレンドを語ることができます。そして、ここでの成長の原動力は、モスクワそのものよりもさらに顕著です。

例えば、2020年の最初の9ヶ月間で、モスクワ地方の生産者は合計8200万米ドル相当の幅広い種類の肉製品を海外のバイヤーに出荷しました。これは2019年の指標の4倍にあたると、地域農業省のプレスサービスが報じている。前年度のモスクワ地域の輸出用食肉製品は1,680万ドルにとどまりました。

モスクワ地域のアンドレイ・ラジン農業大臣は、食肉製品を生産する企業の仕事ぶりを称賛し、昨年の最大の輸出企業を紹介しました。輸出では、カシラのチェルキゾボとオディントソボのマール・ロシアが記録的な大ヒットとなりました。

また、アンドレイ・ラジン氏は、モスクワ近郊の企業から食肉製品を最も多く購入している企業を挙げた。2020年には、中国が最大の73%、ウクライナが16%、カザフスタンが4%のシェアを占めます。これらすべての方向において、2020年には前年よりも多くの製品が出荷されたと大臣は結論づけた。

ロシア連邦の食肉製品の総輸出額の構造

モスクワおよびモスクワ地域の生産者による肉製品の輸出量の増加におけるポジティブな傾向は、決して例外ではなく、個別のケースではない。2020年、そのような製品のロシアの輸出は、原則として数量が大幅に増加した。

ロシア連邦農業省傘下のセンター「Agroexport」によると、今年は2019年に比べて55%も多く、合計で50万トン以上の肉が海外に届けられたという。金額的にはほぼ同じ伸び率(54%)で、納入契約の総額は860百万ドルに達しました。

関税庁がまとめた今年の経済速報によると、昨年の成長率は肉製品が他の5つの主要な食品商品グループを上回ってトップでした。

例えば、鶏肉の海外出荷量は、現物では41%増の28万5千トン、金額では32%増の4億1900万ドルに達しました。特筆すべきは、金額ベースで大きなシェアを占める鶏肉の部位と副産物が355百万ドル、つまり総出荷額の85%を占め、分割されていない枝肉は約12%、51百万ドルと非常に少ないことです。ロシアは昨年の2倍以上となる1300万ドル相当の七面鳥肉を輸出しました。