メイド・イン・ロシア」プロジェクトとタタルスタン共和国との協力開始を計画
2021-02-18 12:15

メイド・イン・ロシア」プロジェクトとタタルスタン共和国との協力開始を計画

ロシア大統領顧問のアントン・コビャコフ氏とタタールスタン共和国のルスタム・ミニハノフ首長との会談では、「メイド・イン・ロシア」プロジェクトとタタールスタン共和国との交流について話し合われました。

また、第13回カザン国際経済サミットの開催に向けて、ロスコン会議財団の能力をアピールすることも話題になりました。

ミンニハノフ氏によると、パンデミックにもかかわらず、共和国は発展のペースを維持しているとのことです。タタルスタン共和国では現在、ビジネス街や工業団地のインフラ整備が進められており、将来的には中小企業にとって魅力的な場所になると考えられています。製造業の急速な発展に伴う労働者不足を回避するために、タタルスタン共和国では業界の専門家を育成するプログラムを開発しています。

昨年、タタルスタン共和国は、投資リスクが最も低い地域の一つであり、デジタル化の面では第3位でした。

ここでは、地域の投資プロジェクトの開発や、国内の他の地域での成功事例の再現に従事する投資本部の設立が計画されています。

会議では、起業家コミュニティの育成や輸出活動を行う「メイド・イン・ロシア」プロジェクトへのタタルスタン共和国の参加の可能性についても議論されました。

ロスコン財団の副理事であり、「メイド・イン・ロシア」トレードハウスのディレクターであるミハイル・サドチェンコフ氏は、このプロジェクトは海外の経済活動を支援・発展させる手段の拡大を想定していると述べた。タタルスタン共和国は、輸出用の地元ブランドの開発と支援において最高の実践を行っており、同共和国の積極的な政策はビジネスの促進を目的としていると述べた。そのため、サドチェンコフが付け加えたように、同地域とのパートナーシップにより、国やプロジェクトに参加している他の地域の利益のために、"Made in Russia "の製品に使用することが可能になります。

"Made in Russia "は、国を代表する企業のためのデジタルトレードとメディアのプラットフォームである。公式に登録されたメディア(madeinrussia.ru)を持つMade in Russiaビジネス情報機関、製品やサービスを国外で販売・宣伝するトレーディングハウスで構成されています。

すべての情報は一度に12カ国語で放送されます。このプロジェクトの視聴者は、114カ国からの5万人を超える読者を抱えています。

SistemaとOtkritie Financial Corporationがこのプロジェクトのパートナーです。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova