KAMAZ、ウズベキスタンで新型トラック2台を発表
2021-04-17 12:44

KAMAZ、ウズベキスタンで新型トラック2台を発表

KAMAZは、ウズベキスタンで開催されたInnoprom国際産業展示会で、2つの新型トラックを発表しました。それは、KAMAZ-54901トラック・トラクターとKAMAZ-5490 NEOガス・ディーゼル・トラック・トラクターです。

KAMAZ-54901は長距離輸送用に開発されたトラックで、K5世代の新シリーズの最初のモデルとなります。フルフラットの床に2つの寝台を備えた新型のキャビンを搭載しています。乗用車のようなドライビングポジションを実現しています。

最高出力450psの直列6気筒エンジンを搭載し、ドライバーのための機能を強化したゼット・エフ社製12速オートマチック・ギアボックスを装備し、後輪は燃費向上のためにギア比を下げています。また、2つの燃料タンク(総容量1400リットル)を搭載しています。

2台目は、KAMAZ-5490の改造車で、ディーゼル燃料とメタンを混合して走行します。この新型ガス・ディーゼル車は、ディーゼル燃料とメタンの混合燃料でも、ディーゼル燃料のみでも走行可能です。

また、長時間の移動に便利なキャビンを装備しています。メタンの価格が安いため、年間平均走行距離18万5,000kmの場合、車の所有者は最大50万ルーブルの節約になります。

この展示会は、メーカーがウズベキスタンおよび中央アジアの市場に参入する機会を提供するために開催されます。このイベントのビジネスプログラムには、KAMAZ社のセルゲイ・コーゴーギン取締役社長が参加しました。

ロシア、ウズベキスタン、中国、ドイツ、韓国、イタリア、日本などから集まった100社以上の企業が自社製品のデモンストレーションを行いました。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova