中央銀行は、輸出決済におけるドルのシェアが低下していると
2021-04-27 12:12

中央銀行は、輸出決済におけるドルのシェアが低下していると

2020年の国内輸出の決済におけるドルのシェアは、55.8%と歴史的な低水準に落ち込んでいます。同時に、第4四半期には、中央銀行のデータによると、外国通貨のシェアが初めて決済全体の半分を下回り、48.3%となりました。

これは、計算上のユーロの割合が増加したことによるもので、第4四半期には11.7ポイント増の36.1%となりました。第4四半期には11.7%増の36.1%となり、年間のユーロシェアも6.8%増の27.4%となりました。

この増加は、中国との決済がユーロ建てで行われていることに起因しています。これにより、ロシアの対中輸出の決済における欧州通貨のシェアは、2019年の45.6%に対し、2020年末には65.3%となりました。

また、国内通貨のシェアは前年比0.3ポイント減の14.7%、その他の通貨のシェアも0.3ポイント減の2.1%となった。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova