ロシアの水産会社4社が日本への輸出を開始か
2021-05-14 07:29

ロシアの水産会社4社が日本への輸出を開始か

ロシア連邦産業貿易省のウェブサイトによると、ロシアの冷凍魚製品メーカーVirma、Vladivostok Sea Fishing Port、Vostokinvest、Trieraの4社が、日本の輸入業者に自社製品を紹介しました。

特に、これらの企業は、自社の業務内容、国産品の競争力、アジア太平洋地域でのサプライチェーン構築の優先順位について、海外の取引先に伝えました。

駐日ロシア通商代表のペトル・パブレンコは、アジアの国々では今やどんな商品でも売ることができるが、それには品質保証、競争力のある価格、そして「結果を出すために努力するサプライヤーの能力と意志」が必要であると指摘した。

このオンラインプレゼンテーションは、在日ロシア通商代表部とスベルバンクの協力を得て行われました。

日本は現在、世界最大の食料品輸入国のひとつです。昨年、他国から購入した農業食品は総額約600億ドルに上ります。その主なものは、魚介類、肉類、農作物、果物です。ロシアから日本への農産物の供給構造において、魚介類は伝統的に重要な位置を占めています。

昨年、魚介類は、石油・ガス製品、木材、金属とともに、ロシアの輸出品目のトップ5に入っていました。また、パンデミック後の経済状況の回復に伴い、これらの食料品の需要はさらに伸びると貿易代表部は予測しています。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova