2021-05-25 05:36

" カンピーナのロシア市場撤退決定についてソユーズモロコがコメント

ヨーグルトメーカーのCampina社がロシア市場から撤退する決定をしたことで、ドイツの乳製品メーカーEhrmann社の立場が強化されることになるが、同時に国内市場での拡大を図りながらコストを削減し、効率性を高めることになると、Soyuzmoloko社のディレクタージェネラルであるArtem Belov氏がMade in Russiaプロジェクトに語った。

月曜日には、ヨーグルト「フルッタス」や「ネジニー」の製造で知られるカンピナ社が、ロシアで30年近く活動した後、市場から撤退することを決めたことが明らかになった。フリースラント・カンピーナ社のロシア部門は、今後エルマン社に引き継がれます。

"両社とも、現代的な乳製品のカテゴリーセグメントに属しています。これらは、ヨーグルトやデザートなどの利益率の高い製品です。採択された決定は、一方では国内市場におけるエルマン社の地位を強化し、他方ではコストを削減して効率性を高めながら、市場シェアを拡大することになります」とベロフは述べています。

同氏によると、現時点では、この取引が乳製品市場全体にどのような影響を与えるかを予測するのは難しいという。

"しかし、M&Aや市場統合のプロセスは自然で有機的なものです」と締めくくりました。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova