2021-05-26 10:20

"Nature sets the pace":Agrosila社、春の種まきキャンペーンについて語る

ロシア全土で播種キャンペーンが終わりに近づいています。地方農業当局によると、今日、ロシアの各地域では春作物の82%以上、2410万ヘクタールの播種がすでに完了しています。

ロシアの大手持ち株会社も、中間決算をまとめました。

タタルスタン共和国の大手農業公社であるAgrosila社は、播種量、播種作業にかかった費用、価格の上昇、農業従事者が直面した困難などを記者団に語った。

従業員の顔

アグロシラ社の作物栽培担当副社長ブラット・シャキロフ氏は、アグロシラ社は全体で25万3,000ヘクタール以上の耕作地を所有していると語る。現在までに16万9,000ヘクタールが春のキャンペーンで播種されました。

シャキロフ氏によると、現在、46.7千ヘクタールの冬小麦と1.63ヘクタールの冬ライ麦が収穫可能となっている。

また、今シーズンは春小麦が約25,000ヘクタール、大麦が41,000ヘクタール、テンサイが28.5ヘクタール、ヒマワリが14,000ヘクタール、ナタネが約17,000ヘクタール、トウモロコシが3,000ヘクタール以上、ソバが337ヘクタール植えられました。

また、「Agrosila」社は500ヘクタールのデュラム小麦を植えた。

"バリラ社はこれまで、ロシアにパスタ用のデュラム小麦工場を建設してきた。私たちのターゲットはまさにこの会社です。今年は、この作物を500ヘクタール栽培しています」とシャキロフは語った。

資金調達と種子価格の上昇

私たちは18の生産コンプレックスを持ち、自社でトラクターを保有しています。

Agrosila社の担当者によると、デジタル技術を重視しており、一般的に「デジタル」は農業ほど積極的に開発されていないとのことです。

"ホールディングは、春の畑仕事の準備のために37億ルーブルを費やしており、これは昨年より2億6千万ルーブル多い。このお金は、植物保護製品や肥料の購入、修理、機器の購入などに使われました」と述べ、肥料や種子の価格上昇によりコストも増加していることを明らかにした。

天候がペースを決める

トラブルが発生したのは11月で、26度の霜が降りたものの雪が降らなかった。そのため、いくつかの地域で3.7千ヘクタールの冬作物が枯れてしまったのだ。代わりに春小麦が播かれたとシャキロフは言う。

一方、5月は10日ほど続いた35度の熱波に農家は直面した。

"原則として、この時期は保護の活動段階にしか進まないのですが、今年は10日ほどで35度の熱波があったので、天候に先んじています。そのせいで、植物の成長段階が早くなりすぎている。自然がペースを握っているのです」と担当者は付け加えた。

強い暑さは降水量の少なさを伴う。例えば、ザインスク地区やアズナカエヴォ地区では、通常60ミリの降水量が6ミリしか降らない状況を、シャキロフ氏は厳しい天候と呼んだ。

イモムシの侵入

近い将来、"Agrosila "の農業従事者は、もう一つの疫病である毛虫の蔓延に対処しなければならないだろう。トゥカエフスキー地区では、すでに何年も前からイモムシの発生が確認されています。

"昼間に蛾と戦う権利はないので、芋虫が畑に現れてから5~6日後に処理することにしました。基本的には、最初に被害を受けるものを保護します。それはテンサイとマメ科植物です」とシャキロフは説明した。

ミツバチの絶滅

世界的にミツバチの絶滅が問題になっているのは数年前からです。エコロジストだけでなく、ハリウッドでも問題視されています。

蜂の毒を防ぐために持株会社がとっている対策を聞かれたシャキロフ氏は、リスクの低い除草剤のみを購入していると答えた。

"これまでも、そしてこれからも、ミツバチを最も殺すような除草剤を購入したことはありません。必ずクラス3です。危険度クラス1や2の薬剤を購入することは絶対に許さない」と語った。

そのほか、Agrosila社の担当者は、地元メディアやメッセンジャーグループなど、あらゆる手段で住民に治療法を通知していると語った。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova