Ehrmann社はCampina社の買収により、ロシアおよびCISでの地位を強化する
2021-05-26 01:28

Ehrmann社はCampina社の買収により、ロシアおよびCISでの地位を強化する

ロシア乳業連合は、カンピナ社のロシア市場からの撤退とエルマン社の100%株式取得の報道についてコメントしました。これにより、エルマン社はロシアおよびCIS諸国での地位を強化することができます。

月曜日、FruttisとNezhnyヨーグルトの製造で知られるCampina社が、ロシアで約30年間働いた後、ロシア市場から撤退することを決めたことが知られました。フリースラント・カンピーナ社のロシア部門は、エルマン社が引き継ぐことになりました。その後、ソユーズモロコ社のジェネラル・ディレクターであるアルテム・ベロフ氏は、Made in Russiaプロジェクトに対し、これはエルマン社の地位を強化する機会となると同時に、国内市場の拡大においてコストを削減し、効率性を高めることができると述べました。

酪農組合は、パンデミックが経済の一部のセクターの発展を遅らせたが、「他のセクターには強力な加速を与えた」と述べた。

"乳製品業界には良いニュースがあります。最近、2001年からロシア酪農連盟に加盟しているエルマン社と、もう一つの加盟企業であるカンピナ社との間で、エルマン社の株式を100%取得する契約が締結されました。この決定により、Ehrmann社のロシアおよびCIS諸国における地位は大幅に強化されるでしょう」とEhrmann社は述べ、今後はロシア、カザフスタン、ウズベキスタン、ベラルーシの独禁法当局の承認を得る必要があるとしています。

この取引は6月末までに完了する予定で、その後、統合プロセスが開始されます。統合後の会社は、Ehrmann社の現代表であるJames Christopher Dwyer氏が代表を務めます。

Dairy Unionは、同氏を「機関車、成功した起業家、クリエイティブなトップマネージャー」と評し、その「博識、コミュニケーション能力、ビジョン」によって、2つのブランドがそれぞれの消費者層を保持するだけでなく、新たな顧客を獲得することができるとしています。

同組合の会長であるリュドミラ・マニツカヤ氏は、エルマンブランドの2社が「乳製品業界に新たな方向性を示す」ことになると確信していると述べています。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova