技術の現地化と付加価値:ロシア連邦がテスラ社との協力条件を命名
2021-05-26 02:05

技術の現地化と付加価値:ロシア連邦がテスラ社との協力条件を命名

ロシアのデニス・マントロフ産業貿易大臣は、技術の現地化と国内での付加価値の創出を条件に、米国の電気自動車メーカーであるテスラとの共同活動を行う用意があると述べた。

先週、テスラの創業者であるイロン・マスク氏は、同社が近い将来にロシア市場に参入し、国内に独自の生産拠点を設ける可能性があると述べた。その後、産業貿易省はこのアメリカ人起業家をモスクワに招待し、同国における同社の工場建設について話し合った。

マントロフがArgumenty i Faktyとのインタビューで語ったように、国家の主な任務は、国内に残る付加価値を創造し、ロシアでは利用できない、あるいは国が追加的な能力を獲得したい技術を現地化することである。

"ですから、もしマスク氏が技術交換や付加価値の創造という点で我々と協力してくれるのであれば、なぜそうしないのでしょうか?我々はそのような協力をする用意があります」と大臣は述べた。

大臣は、ロシアにおける電気自動車の「大規模なブレークスルー」のためには、ガソリン車だけでなく、圧縮ガスや液化ガスを燃料とする車も含めて、電気自動車が従来の車とコスト競争できるようになる必要があると考えている。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova