MADE IN RUSSIA

すべての地域
日本語
企業ニュース

"I'm Katya, and I'm sick of plastic bottles...":パンデミックの中でスタートアップをしたCleandropsのクリエイター

"I'm Katya, and I'm sick of plastic bottles...":パンデミックの中でスタートアップをしたCleandropsのクリエイター

現在、ロシアのビジネス界は深刻な課題に直面しています。起業家が解決しなければならない主な問題の一つは、世界中で勢いを増している「グリーン」のトレンドに自社の商品や生産を適応させることでしょう。

エコブランド「Cleandrops」の生みの親であるEkaterina Schegoleva氏に、コロナウイルスの流行の中、どのようにして新しい生産施設の開設を決意したのか、何が彼女を奮い立たせたのかを聞いてみました。

- ロシアでは、面白いスタートアップ企業が増えてきていて嬉しいですね。 読者の皆さんに、Cleandropsとは何かを教えてください。

- Cleandropsは、環境にやさしい家庭用化学物質を水やプラスチックを使わずにタブレットに濃縮したものです。私は自分でゴミの分別をしているので、分別をする人は皆、ゴミを洗ったり、ラベルをはがしたり、回収場所を探したりしなければならないことを知っています。その結果、時間を大幅に浪費し、水やプラスチックを買いすぎています。そして、地球にも悪影響を与えています。

私は数年間、大学で科学的開発の商業化に携わっていたので、家庭の化学物質の90%は水と、それに加えて使い捨てのペットボトルで構成されていることを知っていました。そこで私たちは、水に溶かせばボトル1本分の洗剤になる、タブレットタイプの濃縮洗剤を開発しました。

- このアイデアはどのようにして生まれたのですか?

- 私は数年前からゴミの分別収集を行っており、意識的なライフスタイルを送ることでエコロジカルフットプリントを減らそうとしています。

パンデミックの際、私はスコルコボ・スタートアップ・アカデミーで学びましたが、当時は道路標識用の再帰反射材を製造していました。

アカデミーでは、ある質問をされました。"カーチャ、なぜ君は道路用の反射技術を作っているんだ?慣れているのか、それとも本当に重要なことなのか」という質問を受けました。

私はその答えを求めて、自分の中を探り始めました。すると、私の人生の中で環境に関係する部分がはっきりと見えてきました。それは表面に現れていたのです。

私は、環境にやさしい製品をもっと身近にし、自然への配慮をもっと簡単にするという大きな目標に、これからの数年間を捧げようと決めました。使い捨てのペットボトルを捨てずに済むように。なぜなら、ペットボトルは形がないからです。

- 実行に移す際に、スコルコボ・スクールが役立ったということですか?

- 私にとって本当に重要なことを教えてくれました。起業では、大成功したかと思えば失敗したり、何かが起こってすべてがうまくいかないように見えたりと、常に多くの段階を経ることになります。そして、そのような段階を経るためには、レジリエンスが必要です。

レジリエンスやストレスへの耐性は、自分がなぜそれをやっているのかを知っているときに生まれます。例えば、今、原材料が時間通りに届かなかった、配送に騙されたとします。難しいからといって諦めることもできますが、私は自分が生活を変えている人を見ています。Katya、あなたはとてもクールなものを作ってくれました。私はこれを使っていますが、この薬のない生活は考えられません。

最初の300箱を販売して、600本のペットボトルを節約できました。また、スコルコボは、起業家としてのアイデンティティを確立するのに役立ちました。自分の強みに目を向け、何が得意なのか、何が必要なのかを把握し、さらにチームに人を加える必要があるのか、これが起業家的思考と呼ばれるものです。それは最高にクールなことです。私がこのプロジェクトを始めたのは、アカデミーを卒業した後、9月のことでした。

- とても刺激的な話ですね。起業家にとって最も重要な資質のひとつは、おそらく思考の柔軟性と路線変更の能力でしょう。あなたはゼロから製品を作ったことになりますね。生産を開始する際、どのような方法で始めるのがベストでしょうか?

- 最も重要なのは、チームを集めることだと思います。私には数年前から一緒に仕事をしている技術者がいるので、製品の物理的な面での心配は少し少なかったですね。しかし、生産委託先を探すのに時間がかかりました。ロシアのどこかで受託生産ができないかと考えました。化学品の完成品を製造している会社は結構あります。しかし、環境に配慮した組成で、溶解時間をコントロールして、これらの品質を満たす乾燥した錠剤を作ってくれる会社はありませんでした。そこで、自分たちで生産することにしました。

自分たちで製造するとなると、スペースをどうするか、どんな設備を用意するか、原材料をどうやって購入するかなど、多くの問題に直面します。これには時間がかかります。

実行面では、すべてが非常に簡単になりました。私はこの薬を必要としている人々を知っていますし、私自身もその一員です。さらに、販売を開始する前にグループを作り、そこに広告を掲載しました。"私はペットボトルにうんざりしているので、溶かすことができる錠剤の形で濃縮液を作っています。もしサンプルを手に入れたいなら、アンケートに答えてください」と。

彼らが答えてくれれば、家庭でどんな化学物質を使っているのか、彼らにとって何が重要なのか、どうやって選択しているのかがわかります。これは私がお客さまを知る上でとても役に立ちました。彼らは自分たちが必要としているものを自分で教えてくれたのです。

最初に入手したサンプルを今年の1月に送ったところ、フィードバックがありました。10点満点中8.5点の平均的な効率性と環境への配慮があり、タブレットはオーブンのサビや非常に古い油汚れを除いて、実質的にすべてのものを洗うことができるということを理解してから、製品の発売に踏み切りました。

- 今後の予定は?ブランドを拡大したいという考えはありますか?

- 今、私たちが持っている製品は、5in1の万能クリーナーです。キッチン、お風呂、床、ガラスなど、家中のあらゆる面に使えます。テスターが言うように、"定期的なメンテナンスのための掃除に最適 "です。しかし、オーブンのサビや石灰のスケール、古くなった油汚れなどのために、追加のクリーナーが必要になってきました。私たちは現在、バスとキッチン用のレメディを作っており、家庭用クリーナーの全製品をタブレットの濃縮液に置き換えることを計画しています。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者マリア・ブザナコワ

0