アグロシラ社のエレベータは、今年はより多くの穀物を受け入れる予定です。
2021-06-01 06:18

アグロシラ社のエレベータは、今年はより多くの穀物を受け入れる予定です。

"ザインスキー・エレベーター」(農業持株会社アグロシラに所属)は、新シーズンに17万9千トンの穀物を受け入れる予定です。同ホールディングのプレスサービスによると、これは前年よりも11トン多い。

"2021年には物理量で179千トン以上の穀物を受け入れる予定です。ちなみに2020年は168千トンで、内訳は小麦116.5千トン、大麦23.7千トン、ヒマワリ25.7千トン、トウモロコシ2.9千トンとなっている」とのことだ。

現在までのところ、穀物の水分や雑草の状態にもよりますが、1日の受け入れ能力は4,000トンと推定されています。

現在、エレベータでは新シーズンに向けた準備が進められており、まず前年の穀物が降ろされ、サイロの清掃と準備が行われています。エレベータの完全な荷降ろしは6月中旬の予定です。その後、穀物在庫の害虫に対する予防措置が始まります。

企業内には2台の追加アンローダーが設置されています。また、サンプラー1台の交換も予定されています。

エレベータには4台の穀物乾燥機が設置されています。ヒマワリ廃棄物のリサイクルのために、籾殻のペレット化ラインが開始されました。これにより、初期の原材料を最大5~10倍に圧縮し、エネルギー効率の高い燃料を得ることができます。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova