2030年までに、ロシアで製造される10台目の自動車がすべて電気自動車になる。
2021-06-01 06:24

2030年までに、ロシアで製造される10台目の自動車がすべて電気自動車になる。

ロシアは、電気自動車の生産台数を全体の10%に引き上げる意向です。これは、経済開発省経済セクター局のMaxim Kolesnikov局長が発表したものです。

"2030年までに、少なくとも年間15万台の電気自動車を生産することができると期待しています」とタス紙は述べています。その結果、9年後にはこのタイプの輸送手段のシェアが総生産量の10%に達する可能性があります。

また、コレスニコフ氏によると、同省はすでに、ロシアにおける電気自動車の生産と使用の発展のためのコンセプト案を承認のために送付したという。

このコンセプトの総コストは8,500億ルーブルと見積もられている。当局は、そのうち6,000億円が民間投資になることを期待している。

政府の支援を受けるためには、ロシア連邦にローカライズされた電気自動車の価格は250万ルーブルまででなければならない。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者マリア・ブザナコワ