2021-06-02 11:57

"Created in... "という言葉があります。産業政策4.0は創造経済をベースに進化する

創造経済は、世界の産業政策4.0の基盤となるでしょう。ロモノソフ・モスクワ大学文化・都市開発・クリエイティブ産業経済研究センター長のセルゲイ・カプコフによれば、ロシアはこの傾向を考慮に入れ、生産よりも創造に重点を置くべきだという。

"ほとんどの大国は、創造経済と創造政策を新しい産業政策と考えています。カプコフは、本日開催されたサンクトペテルブルク国際経済フォーラムで講演し、「彼らはそれを新しい産業政策4.0と考えている」と述べました。

カプコフは、創造経済は非常に幅広い概念であると述べています。"中国の同僚は、すでに料理を創造経済の一部と考えており、すべてのシェフが同じ量の材料を与えられ、同じ料理を作ることを命じられれば、誰もが異なる味を持つようになると主張しています。これも創造性だ」と。

彼によると、ロシアが新しい経済にうまく溶け込むためには、アイデアや意味を創造する傾向を考慮しなければならないという。

"今後、経済における人的要素が優勢になり、人工知能に競われるようになると、何かを考え出すことができる国だけが世界市場で勝てるようになります。そして、すべては中国で行われるようになるだろう」と考えています。

"made in "ではなく、"created in "という言葉を導入しているのは、同じアメリカです。つまり、iPhoneを買えば、『Made in China.Invented in San Francisco "と表示されます。彼らはすでにトレンドを変えつつあります」と専門家は結論づけた。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者マリア・ブザナコワ