ロシアの高速道路M11「ネバ」沿いに無人トラックの輸送回廊を開設へ
2021-06-03 02:34

ロシアの高速道路M11「ネバ」沿いに無人トラックの輸送回廊を開設へ

ロシアでは、2021年にモスクワ-サンクトペテルブルク間の高速道路(М11「ネバ」)に沿って輸送用無人回廊が開始される可能性があります。これに関する合意は、「Kamaz」、「National Telematic Systems」(NTS)、「X5 Retail」の代表者が署名する予定です。Vedomostiは、ロシア運輸省(Mintrans)に近い関係者を引用して、「NTS」、「X5 Retail Group」、「First Forwarding Company」の3社を報じた。

"我々は、運輸省の後援の下、力を合わせている。モスクワからサンクトペテルブルクまでの回廊は、無人トラックのテスト運転に必要で、高速道路の近くにある物流ターミナル間で荷物を運ぶことになります」とNTSのCEOで共同経営者のアレクセイ・ナシチェキンは同誌に語っている。

同氏によると、テストされるのは電気自動車のみで、将来的には水素燃料電池を搭載して1回の給油での走行距離を伸ばし、輸送コストを最大で2倍に削減することができるという。

ナッシュチェキン社の試算では、「コリドー」の試運転は2024年を予定しているが、今年中に「コリドー」を稼働させる可能性も否定できないという。NTSの試算によると、ドローン用のインフラを備えた高速道路の設備には、約40億ルーブルの費用がかかるという。官民パートナーシップによって交通を整理し、運輸省が予算を使って建設し、「希望者全員に平等な立場でのアクセスをさらに提供する」ということも可能です。

NTSのCEOによると、現在のKamazは、無人の大型トラックのテストという点では、ロシアで最も優れた企業だそうです。業界関係者によると、この協定は「Business Line」、「Digital Transport and Logistics」協会、「Globaltruck」、「Sberavtotech」、そして運輸省自身も署名する予定だという。

6月2日から5日まで、サンクトペテルブルク国際経済フォーラムが開催されます。今年のテーマは「Together Again.The Economy of New Reality」です。このイベントはRoscongress Foundationが主催しています。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

カリーナ・カマロバ