ロシア、囚人を雇用した企業に特典を導入か
2021-06-03 02:57

ロシア、囚人を雇用した企業に特典を導入か

ロシアの中小企業は、囚人の雇用について社会的地位と追加支援措置を得ることができるようになる。これに対応する法律案が、ロシア連邦の国家議会で第一読会で採択された。

"この法案は、刑期中の受刑者の雇用を増やすことを目的とした措置のシステムを改善するためのものである」と文書の説明文には書かれている。

企業は、刑事執行システムの機関と契約を締結しなければならない。草案の作成者の一人である連邦議会経済政策委員会のヴァレリー・ヴァシリエフ副委員長は、記者団に対し、現在、企業家が刑務所内で生産を行うと、受刑者は最新の機器を使って作業する技術や新しい職業を学ぶことができ、「これは出所後の就職にも影響する」と説明している。

移民の代わりに受刑者を働かせるという構想は、連邦刑務所サービス(FSIN)のアレクサンダー・カラシニコフ所長が以前に発表している。同氏によると、こうすることで労働力不足の問題が解決され、労働力の移民を代替することができ、被害者は受刑者の賃金からより効果的に補償されるという。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

カリーナ・カマロバ