ロシア映画4作品がカンヌ映画祭のプログラムに参加
2021-06-04 10:05

ロシア映画4作品がカンヌ映画祭のプログラムに参加

2021年のカンヌ国際映画祭に、ロシア人監督のキリル・セレブレンニコフ、キラ・コバレンコ、アレクセイ・ジャーマン・ジュニア、セルゲイ・ロズニッツァの作品が出品されることになりました。キリル・セレブレニコフ監督の作品「Peter in the Flu」は、フランソワ・オゾン監督、ウェス・アンダーソン監督、ポール・バーホーベン監督などの作品とともに、最高賞を競います。

今年で74回目の開催となるカンヌ映画祭。

Aleksei Salnikovの小説を基にしたKirill Serebrennikov監督の作品は、映画祭のメインコンペティションプログラムに含まれています。Kira Kovalenko監督の「Unclenching Fists」とAlexei German Jr.監督の「House Arrest」が「Certain Regard」部門に選出されました。セルゲイ・ロズニツァ監督の「バビ・ヤール」は「Prime Minister」部門で上映されます。

伝統的にカンヌ映画祭には、国際的に有名な監督が参加します。Leos Karaks監督の『Annette』、Francois Ozon監督の『All went well』、Wes Anderson監督の『French Despatch』、 Asghar Farhadi監督の『Hero』、Sean Baker監督の『Red Rocket』、濱口竜介監督の『Drive my car』などの作品がメインプログラムで「パルムドール」を競います。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

カリーナ・カマロバ