2021-06-03 06:51

"ラグが元に戻るか、元に戻らないか"ロシアは産業革命まであと一歩

ロシアの産業界は早急な再構築を必要としています。本日開催されたサンクトペテルブルク国際経済フォーラムで、ロシア大統領特別代表のアナトリー・チュバイス氏が述べたように、この必要性を理解している国内企業は全体の1%に過ぎません。

"ロシアの100%の産業、100%の企業は、深いリストラを伴う変革が可能な状況にあるか、あるいは遅れている状況にある。今のところ1%しか理解していないが、この状況はどこにも行かないだろう」とチュバイス氏は語った。

同氏によると、ロシアは今、分岐点に立っているという。"遅れが取り戻せるのか、取り戻せないのか。これが我々の現状だ.私たちが今持っているもの、私たちが誇りに思っているものは、事実としてそこにあるのであって、何かの変革を始めたという事実によってではない。私たちが誇りに思っていることは、すべて10年前に行われたことであり、私たちの手で行われたのではなく、自然にそうなったのです。私たちは今、まさに出発点に立っています。技術革命まであと一歩のところまで来ている」と特使は語った。

"現在のロシアのガス部門は、効率36%の巨大な蒸気式技術で運営されていますが、世界の他の国々は効率55%のコンバインドサイクル技術で運営されています。ドイツはすでに、産業用石炭発電をすべてゼロにするプログラムを発表しており、フランスも来年には最後の石炭発電所を閉鎖する予定です。ロシアは、18世紀のイギリスの産業革命に匹敵する規模の産業革命まであと一歩のところまで来ています。他に類例はありません」と彼は強調します。

企業はこの移行を成功させることができないかもしれないが、世界経済から打ちのめされることになるだろう、とチュバイスは確信している。

"誰もロシアにこの移行を強制していない。やりたくなければ、やらなくてもいいのです。アフリカにはみんなのための十分なスペースがあります。しかし、世界のパワーの再配分が始まっていることを理解しなければなりません。そして、この移行を乗り越えた一連の国が、世界のエリートとなるのです。そして、「敵がこの移行を発明した」と言う者は、19世紀の技術で21世紀を生き抜くことになるだろう。ここが分岐点であり、我々がいる場所だ」と警告した。

この点について、彼はロシアが他国に対して持つ最大の切り札を挙げた。

"世界的なエネルギー転換こそがチャンスを生む。私たちは、誰もが夢見るような素晴らしいアドバンテージを持っています。私たちはそれを歯でつかみ、すぐにこの方向に進まなければなりません。ロシアが水素でできることは、ロシアが今、炭化水素でやっていることに地政学的に匹敵します。ロシアは、炭化水素の輸出を水素の輸出に置き換えることで、偉大なエネルギー国家としての地位を維持するという目標を立てることができる」と締めくくった。

サンクトペテルブルク国際経済フォーラムは6月2日から5日まで開催されます。今年のテーマは「Together Again.Economy of the New Reality」です。このイベントはRoscongress Foundationが主催しています。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者マリア・ブザナコワ