ロシアの「ガゼルNN」がトルコで組み立てを開始
2021-06-08 02:25

ロシアの「ガゼルNN」がトルコで組み立てを開始

トルコのGAZグループの組立工場で、新型商用車「ガゼルNN」の連続生産を開始しました。同車には、環境基準のユーロ6クラスのエンジンが搭載される予定です(同社ホームページより)。

将来的には、トルコでカーゴバン、カーゴパッセンジャーバンの生産も開始する予定です。

新型車の組み立ては、まずGVW3.5トンの自動車シャシーを組み立て、その上に様々な業務用の上部構造を搭載していきます。

また、カミンズ社製F2.8「ユーロ6」エンジン(170馬力)を搭載し、新型6速ギアボックスを装備することで、車両の運動性能やトラクション特性を向上させるとともに、燃料消費量や騒音、振動を低減しました。その資源は30万キロ。

なお、GAZグループのパブロフスキー・バス工場では、4月末に圧縮天然ガスを燃料とするバス「ヴェクトル・ネクスト」の量産を開始しました。このバスには、環境基準ユーロ5に準拠した国産天然ガスエンジンが搭載されており、ガスタンクにより、1回の充電で最大600kmの走行が可能です。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova