専門家:ロシア、北極圏開発の第2波を開始
2021-06-09 06:30

専門家:ロシア、北極圏開発の第2波を開始

ロシアでは、北極圏開発の第二の波が始まっている。北極開発プロジェクトオフィス(PORA)のプログラムコーディネーターであるアンドレイ・イワノフは、Made in Russiaに対し、北極圏でのビジネスを容易にする法律が本日州議会で可決されたことは、このシステム的な作業の重要な要素となり得るが、政府はビジネスを快適にするために、この地域のインフラを整備しなければならないと語った。

"ロシアは、北極圏開発の第2の波ともいえる新しい時代に入りました。新法を歴史的な観点から、より広い文脈で見ることが必要です。昨年締結されたロシア連邦の北極圏における起業家支援に関する法律(ASRF)や、数々の政策文書の流れを汲んでいるのです」とイワノフは「Made in Russia」プロジェクトで語っている。

その一方で、この法律は、北極圏の開発に向けた国家の活動の一つの要素に過ぎないはずだと強調した。

"これは、より長い戦略上の駆け引きであることを理解すべきです。今、政府の文書には、地政学の一環として実施すべき268のプロジェクトが書かれています。私はこれを『268プラン』と呼んでいます。しかし、重要なのは文書を作ることだけではありません。まず、北極圏の国家はインフラの整備を支援する必要があります。交通手段としては、小さな空港、小さな船団、河川船団などがあります」と専門家は考えている。

"北海道の開発に関する国の取り組みは注目に値しますが、北海道を養う毛細血管の生態系である沿岸のインフラの開発には十分な注意と努力、財政が払われていません。私たちが目指す役割を獲得するためには、陸上の課題を解決する必要があります」。

また、中小企業(SME)のプロジェクトを実施することも必要だという。

イワノフは、北極圏での生産の難しさは、輸送や部品の配送、人件費などの単価が高いことだと説明する。

"したがって、この法案は、一般的な仕事のラインでは正確に役立つ。しかし、それだけでは不十分だ」と強調した。

彼の考えでは、北極圏の発展の過程、そしてこの地域の中小企業の発展は、科学技術の進歩によって大きく促進されるという。

"もちろん、再生可能エネルギーへの移行は一夜にして実現するものではなく、質的な課題であり、進化の道でもあります。もちろん、再生可能エネルギーへの移行は一夜にして実現するものではありません。しかし、これまで述べてきたすべての分野の更新の枠組みの中で、液化天然ガスを燃料とする船や、ディーゼルを使用するハイブリッド技術の船の製造に焦点を当てることができます」と説明している。

また、イワノフは、北極圏で利用可能な科学技術の開発が、日本にはすでにたくさんあると述べた。

"PORAは10万ルーブルまでの助成金を提供しており、3年間で科学者への助成金を含めて200件以上の新規開発のための助成金を発行してきました。私たちは、多くの科学的・応用的な開発が行われていることを知っているので、科学者を支援しようとしています。70年代のロマンティックな時代には、鉱業の創設が課題でした。新時代の課題は、潜在的な資源を開発し、輸送の可能性を実現することです。その基礎となるのは、何よりも技術の開発です」とイワノフ氏は締めくくった。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova