ロシアとバイエルン州がAIに関する共同ウェビナーを開催します
2021-06-10 11:19

ロシアとバイエルン州がAIに関する共同ウェビナーを開催します

ロシアとバイエルン州は、人工知能(AI)と法律に関する共同オンラインセミナーを6月17日に開催します。これは、ロシア産業貿易省のプレスサービスが報じたものです。

参加者は、自動化されたデータ分析と自律システムの開発における現在のトレンド、およびこの点でロシアとドイツが直面する法的課題について議論することができます。また、AI技術がもたらす意図しない結果に対する責任や、既存の法的規制を新しいAI技術に適用する可能性についても、ウェビナーのトピックとなります。

セミナーへの参加は無料ですが、リンク先のページから事前に登録が必要です。

本イベントは、ロシア連邦バイエルン連邦州代表部、バイエルン中央・東・南東ヨーロッパ学術センター(BAYHOST)、ユリウス・マクシミリアン大学ヴュルツブルク校(JMU)、ドイツ研究・イノベーションセンター(DWIH)の協力のもと、在ドイツロシア通商代表部の支援を受けて開催されます。

このセミナーは、「ロシアにおけるドイツ年」の枠組みの中で開催されます。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者マリア・ブザナコワ