キーロフのビジネスマンがアゼルバイジャンで商品を紹介した。
2021-06-14 02:35

キーロフのビジネスマンがアゼルバイジャンで商品を紹介した。

バクー市で開催された国際農業展示会「Caspian Agro-2021」に、キーロフ州の企業が商品を出展した。

州政府によると、同州はキーロフ輸出支援センターの支援を受けて、SoyuzKhim KO社、Home Standard社、Scala社の3社を同イベントに派遣した。これらは、食品、有機ミネラル肥料、オートクレーブ-家庭用缶詰用機器です。

特筆すべきは、輸出サポートセンターが、中小企業支援の一環として、企業の海外市場進出を積極的に支援していることです。特に、海外での展示会開催のために、商品の輸送や情報冊子の印刷など、すべての費用を請け負っています。

"6月10日から12日まで、バクーで「Caspian Agro-2021」が開催されました。農業機械から農業における革新的な技術まで、農業産業複合体の様々な分野の製品が展示されました。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者マリア・ブザナコワ