ヤクーチアのASEZに物流ハブを構築することで、2億5千万ルーブルの民間投資を誘致する。
2021-06-16 11:32

ヤクーチアのASEZに物流ハブを構築することで、2億5千万ルーブルの民間投資を誘致する。

先進経済特区(ASEZ)「ヤクーチア」の境界線を拡張し、ニジニ・ベスティヤフ村に卸売・流通センターを建設する。この政令は、ロシアのミハイル・ミシュースチン首相によって署名されました。

モスクワにあるヤクーチアのプレスセンターによると、このセンターは2億5000万ルーブル以上の民間投資を生み、新たな雇用を創出するという。

このプロジェクトでは、40トンまでのトラック用ドック16基と8トンまでのトラック用ドック16基を備えた輸送ターミナルを建設します。また、1.32万ユーロのパレットを収容できる熱倉庫や、約4,000平方メートルの生産施設も建設されます。

"プレスセンターは、「この新しいセンターは、食品業者や地元の農業生産者が、ヤクーチアを経由してさらに輸送するための商品を準備することができる、物流のハブとなるでしょう」と述べ、プロジェクトの総投資額が17億ルーブルを超えることを明記した。

ヤクーチア経済省のアレクサンダー・アファナシエフ副大臣によると、先進的な開発地域では、木材工業団地の開発、液化天然ガスの生産開始、廃棄物処理工場の建設も計画されているという。

現在、ヤクーチアASEZでは25のプロジェクトが実施されており、その投資額は約130億ルーブルに上る。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova