ロシアは春の収穫量が増加
2021-06-16 05:09

ロシアは春の収穫量が増加

ロシアでは、春の穀物の播種面積が600ヘクタール増加しました。

National Agrarian Agencyによると、現在の播種面積は2,960万ヘクタールで、計画の100.9%を占めています。昨年の播種面積は2,900万ヘクタールでした。

畑の大部分を占めるのは小麦で1,310万ヘクタール、ヒマワリが910万ヘクタール、大麦が740万ヘクタールとなっています。

稲作の面積は3.7千ヘクタール、トウモロコシは300万ヘクタール。

大豆の播種面積は280万ヘクタール。

甜菜(てんさい)の播種面積は106万2千ヘクタールで、昨年よりも9万ヘクタール近く多くなっています。

なお、ロシアの春の播種は99.8%完了しており、5,140万ヘクタールの播種が行われています。2020年には、この日までに5,010万ヘクタールが播種された。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者マリア・ブザナコワ