干ばつの影響を受けたセヴァストポリのワイン生産
2021-06-16 05:19

干ばつの影響を受けたセヴァストポリのワイン生産

セヴァストポリのワイン生産量が干ばつの影響で6%減の2530万本になった。

TASSによると、ワイナリーは2020年に2,600万891千本を出荷するが、今年2020年は不作のため、2,500万334千本に減少するという。

一方、クリミア当局と生産者は、ベリー類の生産量を増やす努力をしています。例えば、2020年には、農業企業が542.52ヘクタールのブドウ畑を植えています。

また、産業の発展のためには、優先プロジェクト「テロワール セヴァストポリ」があり、新しいワイナリーの設立を促進しています。このプロジェクトは、セヴァストポリの観光魅力の向上やインフラ整備、ブドウ畑の面積拡大、有資格者の選定なども目的としています。

現在、プロジェクトに参加しているのは、農業会社「Zolotaya Balka」やヴィンテージワインのInkerman工場などの大企業や、小規模なワイナリーなど22社。

この地域のブドウ畑の総面積は4,000ヘクタールを超え、約20のワイナリーが存在する。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者マリア・ブザナコワ