2021年第1四半期、モスクワからのアイスクリームの輸出が約50%増加
2021-06-20 09:42

2021年第1四半期、モスクワからのアイスクリームの輸出が約50%増加

モスクワのメーカーが2021年第1四半期に輸出したアイスクリームは、前年同期比47.2%増の949万ドルに達し、主要な輸入先は米国であると、モスクワ市のウラジミール・イェフィモフ副市長が述べました。

"2021年第1四半期、モスクワの企業は4.16千トンのアイスクリームを海外市場に送り、その総額は949万ドルに達しました」。モスクワで生産されたアイスクリームは、世界20カ国に輸出されました。前年同期と比較して、ロシア全体のアイスクリーム輸出に占めるモスクワの割合は48%から63%に増加しました」とmos.ru市長のポータルに掲載されています。

第1四半期のモスクワ産アイスクリームの輸入額は、アメリカ(449万ドル)、カザフスタン(238万ドル)、中国(69万ドル)、カナダ(60万ドル)、ブルガリア(24万ドル)の順でした。

市長室によると、首都のアイスクリームの輸出額は、過去5年間でプラスの傾向を示しています。"2020年だけでも、首都の輸出額は2019年に比べて25.5%増加し、2965万ドルに達しています。物量的には21.2%増加し、12.7千トンに達しています」と投資・産業政策局のアレクサンダー・プロホロフ局長は付け加えました。

昨年、モスクワのアイスクリームは24カ国に輸出されました。モスクワの企業のほとんどは、カザフスタン、アメリカ、中国、カナダ、ベラルーシにアイスクリームを供給しました。これらの国々は、アイスクリームの総輸出量の87%を占めています。

"カザフスタンやその他の近隣諸国は、中期的にモスクワのアイスクリームの潜在的な市場であり続けるだろう。また、フィンランド、アメリカ、サウジアラビア、UAE、ベトナムでも人気が出るでしょう」とMosprom Export Support and Development CentreのCEOであるNatalia Shuvalova氏は述べています。

主要国のうち、2020年のアイスクリームの輸出価格が最も高かったのはベラルーシ(1キログラムあたり5.4ドル)、最も低かったのはカナダ(1.45ドル)でした。中国への輸出価格も比較的高いのが特徴で、昨年は1キログラムあたり4.26ドルでした。最も低かったのはコートジボワール(1.14)で、最も高かったのはシンガポール(14.39)だった。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

    著者カリーナ・カマロバ