モスクワのカフェは規制導入で苦境に立たされる」とレストラン連盟が発表
2021-06-22 06:20

モスクワのカフェは規制導入で苦境に立たされる」とレストラン連盟が発表

昨年に引き続き、新たな制限措置が導入された後、公共の飲食店は厳しい状況に直面するだろう。レストラン経営者・ホテル経営者連盟のイーゴル・ブハロフ代表は、Made in Russiaとの会話の中でこのような意見を述べた。

火曜日、モスクワのセルゲイ・ソビーニン市長は、予防接種やPCRテストを受けていないカフェやレストラン、その他の飲食施設、および6ヶ月以上前にコロナウイルスに感染した人の訪問を禁止する命令に署名しました。

ブハロフ氏は、「このような時代をどのように乗り切るか」という質問に対し、「昨年同様、大変なことになるだろう」と述べました。

しかし、ワクチンを接種した人や過去6ヶ月以内に感染した人、訪問の3日前までにPCR検査で陰性となった訪問者に対しては、カフェをオープンすることに前向きな姿勢を示しました。

"私たちは、今日の市は、少なくともそのようなお客様がレストランに行けるように、人々がワクチンを接種することを可能にし、奨励していると考えています。少なくとも施設を訪問する機会がある人は、QRコードと書類を見せる準備ができているのであれば、いいのではないでしょうか」と語った。

一方でブハロフは、訪問者数の減少を背景に、施設の職員の一部が失業してしまう可能性も否定しなかった。